--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2008’08.18・Mon

温暖化って。

なんとなく運転中に思ったことをちょっと書いてみます。
正確じゃない内容もあると思うので、聞き流してください(笑)
答えはないので一緒に考えてみてもらえると嬉しいです(≧∀≦)/

地球温暖化って言われますが、その主な原因とされる二酸化炭素。
いわゆる温室効果ガスってものの一種です。
世界中で削減するのに躍起になっているわけですが…

ホントに温暖化の主な原因なの?という話。

温室効果ガスには二酸化炭素の他にメタンガスや、NOxやSOx(こいつらは酸性雨の原因物質でもあります)なんかも含まれます。
でもなんといっても一番大量にあり、大きな温室効果をもたらすものが“水蒸気”なんですね。
なのになぜか二酸化炭素が目の敵にされてる。

ちょっと話をずらします。
過去(ここでは新生代とします)、地球は氷期と間氷期を繰り返してきました。つまり、地球の平均気温は波のように上下してきてるんですね。

現在の地学的な考え方でいくと、この記憶変動の主原因は火山活動の活発さの変動や地軸の傾きのゆらぎ、地球磁場の変動あたりの組み合わせと考えられます。
(ちなみに今は間氷期→氷期へ向かってる時期になります)

ここでも水蒸気や二酸化炭素といった温室効果ガスの濃度変化が主原因とは見なされません。

じゃあなんで現在の地球温暖化問題では、二酸化炭素が槍玉にあげられているんでしょう?

考えてみてくださいw
意見など、コメント頂けると嬉しいですw

もうすぐ家に着くので今日はこのへんで。
また時間あるときに自分の考えは書きますw
(解答ではないですがw)
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(3) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

お2人とも、いい線ついてますねw
確かに人間の経済活動によって意図的に煽ってる側面は大きいですね^^

他にもいくつか情報を追加していきますので、色々想像してもらえると嬉しいです。

めっち~:2008/08/19(火) 07:27 | URL | [編集]

二酸化炭素は排出ガスの種類としてポピュラーだから
企業に課す削減目標として設定しやすいからとかかなぁ…

Aさん:2008/08/19(火) 01:44 | URL | [編集]

 なんで二酸化炭素がやり玉に…ってことですかw

私が思うに電力会社の陰謀かなぁ?

原子力発電を広めて化石燃料の使用を少なくしたい

ために、人々の危機感を煽ってるんだと思います。

化石燃料(石油等々…)は無限にあるわけじゃない

し、今の生活を維持するには原子力に頼らざるを

えないのが実情ではないでしょうか?

しかし、今現在、日本では地震災害の影響で

稼働していない原発があり、それの電力の不足分を

火力発電で補っているという現状があります。

節電節電と騒がれていますが、実質的に二酸化炭素

排出量は逆に増えてるそうです。

消費電力は減ってるらしいんですがね…

世の中、矛盾だらけ…

こんな書き込みですんませんw

咲季:2008/08/18(月) 23:11 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。