--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

真夜中に独りきり 冷蔵庫を開けて
窓を開けて 虫の声を聴いて
スプーンに乗せたアイスが ゆっくりと溶けていく
それを見つめてたら 胸がキュンとした

いつからあたしはあたしを 作ったんだろう
冷蔵庫の扉を閉じる 勇気もない
不安な気持ちがひとつ 胸の中を巡る
変わり映えのない この日々を傷つけよう

窓の隙間に見上げた 黄色い満月は
あたしに気付かないフリして 雲に隠れた
君がそこにいるんなら あたしは歩けるわ
か細く漏れる光 あたしを照らしてくれ

って 叫んだとして
いつも 願ったとして
いつか 不安定な距離も 飛び越えてこうよ
ひとつのため息も 残さないで
あたしという 輝きを放つ

真夜中に月が優しい 喧騒の火照りを
静かに静かに覚ましてくれるのは 君

取り出すアイスをそっと 唇に当てて
ゆっくり冷蔵庫の 扉をしめよう

語りかけた三日月は 一段と澄んでて
当たり前のように 今日も笑ってくれた
閉じかけた窓から 覗いた光の粒が
少しだけ躊躇した あたしを包んでくれる

等身大となって
今日に見合う距離を知って
いつか出会う優柔なあたしも 越えてこうよ
YES NOと知った2つの世界に
連れていこう 月と冷蔵庫

今 叫んだとして
いつも 願ったとして
いつか 不安定な距離も 飛び越えてこうよ
幾つもの弱さも 見捨てないで
連れていこう 月と冷蔵庫

今 叫んだとして
いつも 願ったとして
いつか 不安定な距離も 飛び越えてこうよ
幾つもの弱さも 見捨てないで
連れていこう 月と冷蔵庫

連れていこう
月と冷蔵庫
(end)

いきものがかりで、月とあたしと冷蔵庫でした♪
なんかこの歌詞の「あたし」には妙に共感できる感覚があるんだよねぇ
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie日記

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。